一般の方へ

学科長挨拶

 物質材料工学教育プログラムは、1906年の採鉱冶金学科としての創設以来、110年を越える歴史と伝統を有しており、これまでに5000余名に及ぶ卒業生を輩出しています。物質材料工学(マテリアル工学)はすべての産業の基幹をなすもので、本学科の卒業生は、国内外のさまざまな企業や研究所、公的機関で活躍しています。
 本教育プログラム(旧マテリアル工学科)は、主に金属や無機物質からなる構造材料および機能材料に関する専門知識と専門技術をもち、豊かな社会の持続的発展に寄与することのできる人材の育成を目標にして教育・研究に取り組んでいます。人間社会が自然環境と調和しながら持続的に発展していくためには、物質および材料の構造や特性発現メカニズムをマルチスケールで理解し、革新的、独創的な物質・材料および技術を開発して、環境保全や省エネルギー化などの喫緊の諸問題を解決していくことが必要です。
 物質材料科学においては、「概念軸(Design)」、「物質軸 (Synthesis)」、「研究手法軸(Characterization)」の三軸の有機的連携が重要と言われています。ものづくりに長けている日本の科学技術が今後、さらに発展するためには「物質軸」、「研究手法軸」のみならず、「概念軸」をより強く意識できる人材の育成が肝要かと信じ、学部教育、大学院教育の質を高めていきたいと存じます。これからも教育プログラム(旧マテリアル工学科)の教職員と在学生が一丸となって、教育、研究、社会貢献に力を尽くす所存ですので、引き続きご支援、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

「マテリアル工学科学科長」イメージ

物質材料工学教育プログラム・教授

  山崎 倫昭

沿革

 物質材料工学教育プログラムのルーツは、1906年に熊本高等工業学校に設置された採鉱冶金学科です。採鉱冶金学科は1959年に金属工学科と鉱山工学科に分離し、鉱山工学科は1965年に資源開発工学科と改称しましたが、1987年には金属工学科と資源開発工学科が再び統合し、材料開発工学科になりました。
 材料開発工学科は1996年に知能生産システム工学科と環境システム工学科に分離しましたが、2006年の改組により、知能生産システム工学科のマテリアルコースがマテリアル工学科として独立しました。
 このように本学科は、100年を越える歴史と伝統を誇っており、学科創設以来の卒業生は5000名を越え、国内外のさまざまな企業や研究所で活躍しています。

沿革イメージ

西暦 元号 学制 学科 専攻科、工学研究科
1897年 明治30年 第五高等学校工学部

1906年 明治39年 熊本高等工業学校

1939年 昭和14年
冶金学科
1944年 昭和19年 熊本工業専門学校 冶金科
1949年 昭和24年 熊本大学工学部
熊本大学工学部専攻科
採鉱冶金学科
(採鉱科と統合)
採鉱冶金学専攻
1955年 昭和30年
金属工学科
(資源開発工学科と分離)
鉱山金属工学専攻
1962年 昭和37年

金属工学専攻
(鉱山工学専攻と分離)
1965年 昭和40年 熊本大学大学院
工学研究科

金属工学専攻
1988年 昭和63年
材料開発工学科
材料コース
(資源開発工学科と統合)

1991年 平成3年

材料開発工学専攻
材料コース
(資源開発工学専攻と統合)
1996年 平成8年
知能生産システム
工学科マテリアル系
(資源コースと分離)
(機械工学科と統合)
材料システム専攻
2006年 平成18年
マテリアル工学科
(機械システム工と分離)
マテリアル工学専攻
2018年 平成30年
材料・応用化学科 物質材料工学
教育プログラム
(物質生命化学工と統合)
材料・応用工学専攻 物質材料工学
教育プログラム

CONTENTS MENU

  • 学科長挨拶
  • 教育理念
  • 学習教育目標
  • アクセス

一般の方トップへ

PAGETOP